Skip

「ウェディングドレス」の試着について

結婚を控えた新婦の方にとっては、ウェディングドレスを着て結婚式に望む・・なんてことは、
夢にまで見た、憧れの舞台が現実になるということで、ものすごく舞い上がっていると思いますし、
それは当たり前のことでもあります。

ですが、ウェディングドレス選びは慎重で無いといけません。
せっかくの人生に一度の晴れ舞台。こうした晴れ舞台では、ウェディングドレスはあなたが納得した形で、選んでおかないと、
後悔をしてしまうと、あまりいい結婚式ではなくなってしまいませんか?

ここでは、あなたにピッタリのウェディングドレスを選ぶためのお手伝いをさせていただきます。

試着前に・・。

まずは、雑誌やインターネットなどを利用し、自分の好みのウェディングドレスをある程度目星をつけておきましょう。
その中で、あなたが絶対にこれだけはゆずりたくない!というポイントが出てくると思いますが、それは大よそ3つくらい決めておけば、あなたのウェディングドレス選びがスムーズに進むことでしょう。

あなたのウェディングドレスの大よその目星がついたら、貸衣装屋さんやウェディングドレスの貸し出しを行っている結婚式場などに相談してみましょう。
貸衣装屋さんの場合では、挙式を行う会場や予算、そしてサイズなどをお店の人に伝えておきましょう。何故かいうと、会場の広さや雰囲気によっても、ウェディングドレスを着たあなたの印象が全然違って見えることもありますので、できれば、実際の写真を持っていってはいかがでしょうか。
試着の予約が出来るのであれば、できれば土日よりも平日の方が、また、ジューンブライドと重なる場合には、3月〜4月には大変混んでくるので、早めに予約を入れておくと、余裕のあるウェディングドレス選びとなるでしょう。
余談になりますが、思い出のウェディングドレスをリメイクしてみませんか?リメイク服を学べばドレスの生地で小物やバッグを作れます!!

ページ上部へ

試着当日に準備しておくもの

お店でウェディングドレスを試着する当日に着けていく下着は、上はビスチェやストラップレスのブラを付けていき、下はスレンダーなドレスを着る人以外なら、フレアパンツやペチコートなどを着ていってはいかがでしょうか。ウェディングドレスの試着室には、そのお店の店員さんと一緒に入ることがほとんどですので、これはエチケットでもあります。
また、実際の結婚式の姿をイメージしやすくなるように、メイクとヘアーアップもしておきましょう。

注目サイト

大阪の陰茎増大手術なら

Last update:2017/9/28

ページ上部へ